イタリア料理を楽しもう

Enjoy Italian cuisine

この画面は、簡易表示です

トマトと豚肉のイタリアン炒め

トマトを使っているのでとても美味しいです。

[材料]
トマト:3個
豚肉:200g
パセリ:少々
ニンニク:少々
オリーブオイル:少々
砂糖:少々
塩:少々
黒コショウ:少々

1)トマトを洗ってから、一口大に切ります。パセリはみじん切りにして、にんにくは、薄くスライスします。豚肉に、砂糖と黒コショウをふっておきます。
フライパンにオリーブオイルをいれて、にんにくを入れて火にかけます。
香りがしてきたら、豚肉をいれて肉の色が変わるまで炒めます。
肉の色が変わってきたら、トマトを入れます。塩、コショウとパセリを入れて混ぜたら完成です。



イタリアンズッキーニの前菜

簡単ですごく美味しいです。

[材料]
ズッキーニ:1本
オリーブオイル:少々
塩コショウ:少々
パルミジャーノレッジャーノ:30g

1)ズッキーニは、買ってきたら洗って端を切り落としてから、ピーラーでスライスしておきます。鍋に塩を少し入れて水をいれて沸かします。沸騰したらズッキーニを入れて茹でます。できたら、水切りをし、皿に盛り付け、パルミジャーノレッジャーノをあえて皿に盛ります。オリーブオイルと塩コショウをかけて完成です。



岩茸の天ぷらって、初めて食べたけど美味しい!

みなさん、岩茸って知っていますか?岩茸って市場やスーパーでは、まったく売っておりません。何故なら、岩茸を採れる人がいないからなんです。この岩茸って、私たちが普段目にしている山ではなく、かなり秘境の山奥の断崖絶壁の岩場の亀裂に群れているそうです。想像してもわかると思いますが、これを採るのは命綱1本で採るため、よほど山になれていないと採ることができないものになります。昔は、不死の病に効く薬として扱われていたみたいですが、昭和の時代になってくると食材として利用され始めたみたいです。その時の価格は、なんと1kg10万円にもなっていたそうです。そんな貴重なイワタケを食べれる店があるというので、行ってきました。ここは、秩父の民宿になります。夕食のときに天ぷらを注文すると、でてきたのは、黒い天ぷらです。食べてみると、サクサクしていて、おもしろい食感で美味しいです。しかも、この岩茸って体の免疫をあげる効果があるので、私みたいな、中年の体には必要なものになります。この食材は、宿のご主人が自らいって採ってくるというので驚きました。ご主人もあと何年できるかわからないそうです。



エビのアヒージョ マリネ

美味しくておつまみにもなります。

[材料]
ズッキーニ:2本
エビ:3匹
ナス:2本
じゃがいも:2個
オリーブオイル:適量
パプリカミックス:適量
塩コショウ:少々
ニンニク:少々
イタリアンハーブミックス:少々
トマト:5個

1)じゃがいもは、よく洗ってから食べやすい大きさにカットして、レンジでチンして柔らかくしておきます。フライパンにオリーブオイルをいれて、ニンニクをいれてから、細かく切ったズッキーニとナスをいれて炒めます。軽く火が通ったらお皿にあげておきます。
フライパンにエビ・パプリカをいれて炒め、皿の具材と残りの具材をいれて炒めます。
仕上げにトマトをいれて、ハーブミックスと塩コショウで味をととのえたら完成です。



Japanese hospitality.

When we visited Japan, we stayed at an old thatched roof house.
It will be an inn in Saitama prefecture.
I was looking at the roof for a while, but it was very beautiful because it is the original scenery of Japan.
It seems to be a traditional Japanese culture.
It seems that there are no craftsmen making this roof anymore, and the owner of the inn is making the rest.
I was quite surprised when I heard this story.
I think I worked hard and learned how to make it.
The food is also very delicious, comfortable and recommended.




top