イタリア料理を楽しもう

Enjoy Italian cuisine

この画面は、簡易表示です

旅館

わら葺き屋根の下で、イノシシ鍋を食べました。

ここの宿のイノシシ鍋はとても美味しいので、フェイスブックの仲間たちと泊まりにいきました。今回は、はじめて会う友達もいましたが、いつもフェイスブックを見たりしているので、緊張もせずに楽しく会話することができました。夕食の時間になって、イノシシ鍋がでてきましたが、みんなスマホで写真をとっておりました。この鍋のフタを開けると、お肉がボタンのお花のようになっているので、とても美しいんです。しかも、味は、自家製の味噌味になっているので、美味しいんです。みんなで食べましたが、全員が美味しいといって、おなか一杯になったみたいです。それからお酒を飲んで、楽しい会話をして、最後に、手打ちそばをいただきました。ここのお蕎麦は、蕎麦屋さんにまけないくらいに美味しかったです。

美味しい秩父の民宿は、こちらになります。



An inn where you can experience Furusato in Japan.

There is an inn where you can experience Furusato in Japan.
It is a inn in Saitama Prefecture.
The roof of this house will be a very rare old house made of wheat.
Wheat is thin one by one, but if you gather this much, it will have a fine roof, so please see it when you visit.
Being in the room reminds you of the old scenery and makes you feel comfortable.
This is the place our hearts want.
Please visit an old private house with a thatched roof. It will be the place you wanted.



ワラ葺き屋根のある家っていいな!

皆さん!ワラ葺き屋根って知っていますか?茅葺き屋根は、知っている人は多いと思います。茅葺き屋根って、屋根の材料をススキやチガヤを使って葺いてあるんですが、ワラ葺き屋根って小麦を使って葺いてあるんです。そう!皆さんが、何気なく使っている小麦粉の小麦です。あんな細くて短い小麦を使って葺いてあるのが、ワラ葺き屋根になります。今では、全国で7軒あるかないか。。。しかも、ワラ葺き屋根を葺く職人さんはゼロです。そう、もう、いなんです。でも、ここ秩父の民宿は、ワラ葺き屋根になっているんです。しかも、この屋根を葺いているのは、この家のご主人になります。なんとかこの家の姿をたもつため、職人さんのやっている姿を見て、独学で覚えたそうです。その話を聞いたときは、驚いて言葉をうしないました。やったこともないことを独学で覚えるって?私ならできません。ワラ葺き屋根の仕上がりを見ても、まるで職人さんがやったようなできばえなので、もはや職人さんの領域に入っているのでは?と思っております。部屋に入って、お茶を飲んでも落ち着くし、友達とお酒を飲んでも落ち着きます。なんだか、田舎に帰ったように落ち着く雰囲気になっております。いつまでも、この家の姿を見ていたいです。



I stayed in an old house with a friend from overseas.

My friends love Japanese culture and history.
We stayed at a inn in Saitama Prefecture, but the house here is blessed, and it has become the original scenery of Japan.
The roof is a thatched roof, so it is beautiful.
As it is getting cooler now, you can spend it comfortably.
Resting in the room makes you feel like you are in your own country, so you can relax your mind and body.
In the evening, we had good food and drink, so we had a very good time.
I will try to invite other friends again next time.



山菜料理の美味しい店を見つけました。

この季節になると、美味しい山菜料理が食べたくなるものです。以前、私の友人が秩父の民宿は、美味しい山菜料理を出していると言っていましたので、その民宿に予約してみました。宿に着くと、なんと、このお店は、江戸時代から続いている古民家になっており、屋根はワラ葺き屋根になっており、とても珍しい家になっております。部屋の中に入っても雰囲気がとてもよく、居心地もよいです。夕食の時間になると、私の食べたかった料理がずらりと並びました。山菜の天ぷら、ワラビのおひたし、コゴミ、フキノトウ、岩茸の酢の物、ヤマメの甘露煮、手打ち蕎麦など、どれを食べても美味しかったです。山菜の天ぷらは特に印象が強かったです。コシアブラ・タラの芽・ニリンソウ・モミジガサ・岩茸の天ぷらは、それぞれとても美味しく、このすべてを宿のご主人が山に行って採ってきているみたいです。山菜は、それぞれ、別の場所にあるみたいで、すべての種類を採ってくる作業も大変だと言っておりました。とても貴重な山菜をいただき、満足することができました。こんな、日本の原風景の家に泊まることができましたので食事だけでなく、心も癒やされました。山菜がすきな方には、おすすめだと思います。




top