山菜料理の美味しい店を見つけました。

この季節になると、美味しい山菜料理が食べたくなるものです。以前、私の友人が秩父の民宿は、美味しい山菜料理を出していると言っていましたので、その民宿に予約してみました。宿に着くと、なんと、このお店は、江戸時代から続いている古民家になっており、屋根はワラ葺き屋根になっており、とても珍しい家になっております。部屋の中に入っても雰囲気がとてもよく、居心地もよいです。夕食の時間になると、私の食べたかった料理がずらりと並びました。山菜の天ぷら、ワラビのおひたし、コゴミ、フキノトウ、岩茸の酢の物、ヤマメの甘露煮、手打ち蕎麦など、どれを食べても美味しかったです。山菜の天ぷらは特に印象が強かったです。コシアブラ・タラの芽・ニリンソウ・モミジガサ・岩茸の天ぷらは、それぞれとても美味しく、このすべてを宿のご主人が山に行って採ってきているみたいです。山菜は、それぞれ、別の場所にあるみたいで、すべての種類を採ってくる作業も大変だと言っておりました。とても貴重な山菜をいただき、満足することができました。こんな、日本の原風景の家に泊まることができましたので食事だけでなく、心も癒やされました。山菜がすきな方には、おすすめだと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です