ワラ葺き屋根のある家っていいな!

皆さん!ワラ葺き屋根って知っていますか?茅葺き屋根は、知っている人は多いと思います。茅葺き屋根って、屋根の材料をススキやチガヤを使って葺いてあるんですが、ワラ葺き屋根って小麦を使って葺いてあるんです。そう!皆さんが、何気なく使っている小麦粉の小麦です。あんな細くて短い小麦を使って葺いてあるのが、ワラ葺き屋根になります。今では、全国で7軒あるかないか。。。しかも、ワラ葺き屋根を葺く職人さんはゼロです。そう、もう、いなんです。でも、ここ秩父の民宿は、ワラ葺き屋根になっているんです。しかも、この屋根を葺いているのは、この家のご主人になります。なんとかこの家の姿をたもつため、職人さんのやっている姿を見て、独学で覚えたそうです。その話を聞いたときは、驚いて言葉をうしないました。やったこともないことを独学で覚えるって?私ならできません。ワラ葺き屋根の仕上がりを見ても、まるで職人さんがやったようなできばえなので、もはや職人さんの領域に入っているのでは?と思っております。部屋に入って、お茶を飲んでも落ち着くし、友達とお酒を飲んでも落ち着きます。なんだか、田舎に帰ったように落ち着く雰囲気になっております。いつまでも、この家の姿を見ていたいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です